➄ 48都道府県 滋賀県

国内旅行

今回は、琵琶湖の西、滋賀県高島市に行ってきました。1914年から100年以上にわたって、和ろうそくを作り続けている《近江手造り和ろうそく大輿》さん。春馬の日本製で紹介されています。

大與(だいよ)は1914年創業の和ろうそくの専門メーカーです。
大與(だいよ)は1914年創業の和ろうそくの専門メーカーです。仏事はもちろんのこと、茶事や暮らしの中でお使いいただける和ろうそくを幅広く取り扱っております。大本山永平寺御用達。

ハゼで造られたろうそくと、米ぬかで造られたろうそくがあります。ろうそくの芯に井草が使われており、火を灯すとしっかりとした大きな炎がともります。洋のろうそくと違って消えにくく、大きな炎になるそうです。それに、ハゼのろうそくはにおいもなくすすが出にくい、燃焼のさいに垂れるロウが少ないとのこと。

お店は、ショールームを兼ねているそうでとても綺麗でした。インターネットでの販売もされています。記念に米ぬかろうそくを買って帰りました。大きいほうは、保存用で、使用するほうとして小さいのを購入。

小さいほうで15分弱灯っていました。最後まで、ほとんどロウは垂れませんでした。

お店からは、今津港が近いので竹生島へも行くつもりだったのですが14:30で船が終わりで戻りの船がないとのことで断念しました。長浜港からのほうがもう少し便があるかもしれませんが、下調べ不足で残念。

道中、結構観光客が沢山いて写真を撮っていたので、白髭神社に参拝しました。

そして、また車をとばして浮遊堂へ。琵琶湖畔浮かぶお堂は、結構風情があります。小さな小さな観光名所ですが、コロナ前は外国の方とか結構人が来ていたのではないでしょうか。すぐ近くには旅館もありますし、レンタサイクル屋さんまでありました。

早めのお宿は、Go to キャンペーンでお安く琵琶湖マリオットホテルに宿泊。お部屋、料理は満足しましたが、日本の旅館とかとはちがってお風呂(温泉:大浴場)は12:00~24:00までなので、朝風呂に行けなく少々残念。

 

これは、朝食です。夕食の、パンにつけるオリーブオイルの美味しいのには感激しました。今までで一番かな。フォアグラも少ししかなかったですが、美味しかったです。

翌日の天気は雨!・・・・

それでも頑張って、押切港から15分の沖島(猫島)に行きました。猫の話は、猫のページに記載しますね。